ns1-watanabeの日記

2008-05-30

Flash 8 Basic AS2 での、自作videoプレイヤー 17:16

とりあえずflaファイルをUP

http://www.ns-1.co.jp/video_player.fla


videoの状態を取得するにはNetStream.onStatusのinfoObject:Object.codeプロパティを調べる

_root.obj_ns.onStatus = function(infoObject:Object) {
	trace(infoObject.code);
}

videoのソースデータの情報を取得するにはNetStream.onMetaDataのinfoObject:Object[propName]から取得する

_root.obj_ns.onMetaData = function(infoObject:Object) {
    for (var propName:String in infoObject) {
        trace(propName + " = " + infoObject[propName]);
    }
};

2008-05-22

Flash AS2 video 周りのメモ 15:35

FLVPlaybackを使用しないAS2制御のflv再生

Macromedia Flash Basic 8 を使用

ビデオオブジェクトをNetConnectionとNetStreamを使用し制御していく

以下手順

1 ライブラリーに新規ビデオを追加。タイプ「ビデオ(ActionScript制御)」を選択。

2 ステージにD&Dインスタンスを作成。インスタンス名を入力。

3 以下事前処理のサンプルコード

var obj_nc:NetConnection = new NetConnection();
_root.obj_nc.connect(null);
var obj_ns:NetStream = new NetStream(obj_nc);
_root.video.attachVideo(obj_ns);

4 ボタンを配置

5 ボタンonPressに各動作を割り当てる

6 以下使うであろうメソッド

_root.obj_ns.play(flv_uri); //引数のファイルを読み込んで再生
_root.obj_ns.pause(); //ポーズ、若しくはポーズ解除
_root.obj_ns.close(); //停止
_root.obj_ns.seek(Number); //Number秒数に最も近いキーフレームをシーク
_root.obj_ns.play(""); //としても止まるようだ

2008-04-15

メモ 11:44

perl 5.8.* でUnicodeを扱う

use utf8;
use open IO  => ":utf8";

「use utf8;」以降のperlコードがutf8であることを伝える

(当然、実際にunicodeかどうかは別)

変数名などに日本語が使えたりもする

リテラルunicodeとして扱ってくれる


「use open IO => ":utf8";」は

use open IN  => ":utf8";
use open OUT  => ":utf8";

をまとめて書いたもので

「use open IN => ":utf8";」は<IN>がutf8であることを伝える

「use open OUT => ":utf8";」は<OUT>をutf8で行うことを伝える


perlの内部はUnicodeなのだが専用のフォーマットがあり(unicodフラグ)、たとえ<IN>の元がUnicodeであろうと「use open IN => ":utf8";」を使わないと、正規表現などでうまくいかないことがある

特に文字数などをちゃんと一文字として数えてくれる

2008-03-31

メモ 13:49

  • 実際の保存形式と拡張子が違う画像を、Firefoxは表示するが、IEは表示しない
  • IEはIMGタグの前後に改行、空白、タブがあると、表示上も隙間が開く
<div>
    <img src="foo.jpg">
</div>

隙間が開く

<div><img src="foo.jpg"></div>

開かない

インデント等でどうしても改行したい場合はタグ内でする

ただし、改行する場所によってはタグとして認識してくれなかったりする

将来的にブラウザが対応しなくなことも考えられるので、やめたほうがいいかも

<div><img
    src="foo.jpg"
></div>

おとなしく、リリースの時に改行を取ってしまうのが無難か…

追記 以下のようにimgの次にある 閉じaタグ の後ろも同様に隙間を作るようだ

閉じaタグ のみか、他の閉じタグでも同じかは不明…

<a href="bar.html"><img src="foo.jpg"></a>
<div>
</div>

内側の指定が優先だが、同じ範囲でかぶった場合後のほうが優先される

CSSファイル内での順番も大事

2008-03-18

メモ 14:56

デリゲートの再起動

/etc/init.d/delegated restart